ネオテニーランドへようこそ★

夢見の国ネオテニーランド。次なる世界を創っていこう ♪

続々・タイタン『GATTACA』20年ぶり

 

 昨夜アップした、こちらの記事

neotenyland.hatenablog.com

  
 を、書き終えた、ほんの数十分後
 パートナーが「映画でも観ようか?」というので
 いくつか候補を挙げてもらったの。
 
 わたしは観たことあるものが多かったのだけど
 彼が観たことないという作品で
 いかにも好きそうなものがあったので
 『ガタカいいんじゃない?コレいいよ。』と勧めました。
 

  f:id:neotenyx:20170730052949j:plain
 
 

 Amazon CAPTCHA

 

 わたしも20年ぶりくらいに観ましたが
 コレいいよ、と勧めたわりに、、、
 憶えていたのは印象といくつかのシーンだけで
 詳しい話はすっかり忘れていて。
 (高校生の頃イーサン・ホーク目当てで観た気が…)

 
 で、あらためて観てみたら

 f:id:neotenyx:20170730044002j:plain

 
 主人公が宇宙飛行士として
 土星の衛星 タイタンへ行くという話。。
 
  つい先程、土星とタイタンの話を書いたばかり
 だったので、自分で驚いてしまったよ。笑
 本当にストーリーを忘れていた!ので
 かなり新鮮に観ることができました。
 

 ガタカ - Wikipedia


 GATTACA Wikipediaより
 

 『ガタカ』(原題: Gattaca)は、1997年アメリカSF映画
 アンドリュー・ニコル監督作品。
 原題 "Gattaca" のクレジットで強調される
 GATCは、DNAの基本塩基である
 guanine(グアニン)、adenine(アデニン
 thymine(チミン)、cytosine(シトシン)の頭文字である。

  
 ストーリーは、アニマンダラでいう
 内骨格系(垂直進化)の負け組の話。
 

animandala.hatenablog.com


 でも、この作品では負け組といっても
 夢のために不正もする主人公。。
 そこは真っ直ぐにはいけないけれど、作品の中の世界は
 DNA情報に支配されて、ほぼ完全に内面化した世界だから
 (新しいカースト制度のようなもの)
 そうせざるを得なかった状況の中
 主人公は、『可能性』に賭けた。
 魂の望を諦めることをしなかったとも言えるし
 それぞれに訳アリの負け組のひとたちが
 主人公の嘘を知っても、彼に夢を託すという話でした。

 それぞれの登場人物の心理描写が良かったです。
  
 DNAも「コトバ」であり
 それに捉われ支配される世界は
 内面化してしまった世界。。
 
 DNAを超えていくのは、外部へと希望を託すこと。
 外骨格系の『把握された未来』を生きるのではなく
 内骨格系の『自覚されない希望』を胸に生きること。
 生きながら、自らの意思で
 ものがたりを紡いでいくこと。
 
 それは同時に「脱・物語」でもある。
  
 90年代後半の、独特のDNAに対する神話と
 そのことへの不安が生んだ、世界観と
 それを乗り越える眼差しを
 ギリギリのところで伝えてくれようとした
 よい作品だなぁと思いました。

 パートナーは、CGや映像系の講師もしていますが
 
 「当たり前だけど、本当に、なんでも才能だけじゃないんだよ。
 むしろ才能がない子のほうが地道に努力をするから
 結果的に伸びて、夢を叶えていくのがのが現実。
 オレだって才能ないからね、全然。
 だから○○さんだからできるんだよと言われるのは好きじゃない。
 どんなジャンルでも、一定レベルのところで仕事をしている人たちは
 みんな、ぞれぞれに努力しているんだよ。」
 
 と、たまに言うので、内面化した世界と同じくらい
 環境や才能がないからと言い訳して諦めることの嘘と
 逆に、そこを乗り越えていくことの辛さと強さを
 昔からよく知っているのだと思う。
 そうね
 本当にやりたいことなら、乗り越える力が湧く。
 生命力が高まっていく。
  
 勿論わたしも、努力してきたことは色々あるけれど
 彼から観れば、結構「運」で流れてきたタイプということ。
 それも才能のうちらしいけれど、、、
 そこに甘えてきた節が、大いにあるからね。。^^;
 その先へ行こう。超えて、包括して進もう。
 可能性を自分にひらいていく。
 だからきっと、これから背骨を育てるにあたり
 ナミさんのフィードバックにもあった
 「土星の質」の起動が重要なんだと思います🐳
  
 パートナーは、この作品は観ていなかったとのことだけど
 ちょうど同じ頃に、GATTACAにも通じるような
 遺伝子のおはなしを書いていたそうで

 隣で観ながら、何度も驚いていました。
 集合意識的なものを先取りしてお話を生み出す
 クリエイターの人たちは一定数いるものですよね。
 そして、わたしとは別に
 不思議なシンクロが彼の中であったようで

 やはり観るべくして観たのね、というタイミング。
  
 ともかく、こうして間髪いれずに
 土星&タイタンシンクロが続いていたのでした。
   
 そして今日は今日で、ネオテニーランドでは
 とても楽しみなことが待っているよ😊✨
 朝から心が躍る、YUKIでした~。