☆ Into the Neotenyland ☆

⭐︎生命数秘術アリスカルディア研究生⭐︎ ♦️♣️夢と現実をハートで繋いでいく⭐︎ネオテニーランドのYUKIです♠️♥️😊✨

ふたご座流星群と天頂の星


 


 

天頂からの合図

 

12/17、Gate#204 新たな風を呼び込む日

再び、わたしのペアゲートのクライアントさんに

セッションしていました。

 

(こちらで書いたペアゲートの方。)



今回はグランドプリンス新高輪で

サウンドセラピーとボディワークのセッションをさせて頂いた後

夕方、さくらタワーのラウンジへ移動して

ゆったりとお茶しながらモニターセッション。

 

https://www.instagram.com/p/BczLOLRDtc0/

本日のセッション。 ペアゲート同士ゆったりと☕️ 外は寒くてもアイスは美味しい🍨🍓笑 #arithkardia #stargate #number #pairgate #tester #session #tokyo #teatime #icecream #fruits #takanawa

 

と、そのさくらタワーへ移動中、

隣の建物『国際館パミール』に入ってみると

エントランスロビーで出迎えてくれたのが

 

なんと  北辰  という像と、解説文。

実はクライアントさんが間違えて入ったのですが

まさか北辰が迎えてくれるとは。。。

 

移動中ということもあり写真は撮らなかったので

こちらのブログより、画像をお借りいたしました。

f:id:neotenyx:20171221235059j:plain

 

 

そして、そこを出てさくらタワーへと向かうときに

右斜めの位置で止まったのが、ナンバー 137 の車。

 

そのときペアゲートの方と一緒だったこともあるし

17日だから、天頂の星からの合図、だったんだろうな。

 

f:id:neotenyx:20171221230526j:plain

↑画像は、辻麻里子著『数字のメソッド スターゲートの解説』より

 

 

ちなみにこの12月17日は、こちらの記事に書いた

12月13日 Gate#156 『大事なものは自分の中にあると気づく日』

のペアゲートで、13日の問いの答えが返ってくる日でもありました。

 

neotenyland.hatenablog.com

 

 

マカバと北辰かぁ。北極星。こぐま座のポラリス。

辻麻里子さんによると、わたしはこぐま座にもいたことがあって

他の星座も含めてなんだか色んな場所にバランスよく居たらしい

辻さんのセッションの時だけではなく、ワークショップの時も

わたしに『右脳と左脳のバランスが整っている』『もののバランスを整える』という

言葉を掛けてくださいました。また、細かなことによく気付く、とも。

 

 

そういえば、翌18日にナミさんが

こんなセッションを募集していて。

 

 

 


わたしはお昼から一日、パートナーとイクスピアリまで

映画を観に出かけていたので申し込むタイミングがありませんでしたが

この日のスターゲート的にもシンクロしていたこともあり

 

 

取り急ぎ映画館に入る前にTwitterでRTさせて頂きました。

 

申し込まれた方がチョイスした天体の並びがブログに記してあり

拝見していると、銀河や星座の名もあったり

このブログでも度々登場していた天体の名もあったり。

(特に土星・タイタン・シリウスあたり)⇒(惑星・衛星・恒星)

そして、北辰の名もありました。

 

 

 

ハートのゲートと星

 

そうそう。

先日の、ふたご座流星群、ご覧になりましたか?

 

【特集】ふたご座流星群(2017年) - アストロアーツ

 

わたしの自宅の近くに空が広く見える場所があり

パートナーとふたり、観にいきました。💫

スーッと流れる流れ星。10個くらい観ました。

そのうち4つは、パートナーと同時に『アッ』と声を上げて発見。笑

澄んだ冬空に、キラリと光る流れ星たち。綺麗だったなぁ。

静かな夜、寒いねーと言いながらくっついて観た、ふたご座流星群。

わたしにとって、モードが切り替わったような嬉しいひと時でした。

地球って、これまで思っていたよりずっと素敵。

 

寒くても、じんわり心が温まるのは、おそらく自分で閉ざしたと思われる

星のメッセージを感じるハートのセンサーの封印を解除 しつつあるからかな。

 



宙ガールとは言わないまでも、

元々星を観るのは好きだったけれど、そういうことではないレベルで

閉ざしてきた扉をひらいたら、感じ方を思い出してきているような気がしました。

これは、6月のナミさんのセッションでも、

その封印を解いていくといいよと言われていたの。

封印した理由は、地球に適応しようと思ったからだと思うんだけど

その地球というの本来の地球とは違って、

ここでしおりちゃんの言葉を使わせていただくと

慣れない盤上に何とか適応しようと思って、ここで生きるため閉ざしてきたんだね。

でも、どうせ合わせられないものを、

もうそうやって合わせたフリを頑張って生きることもないなと

視界がクリアになるにつれ、より思う。

ナミさんの言う、内部の視力の調合、かな?

 


 

おかげさまで、徐々にクリアになってきましたよ。

まだまだこれからでしょうけれど、ね。

ナミさんから送られた、わたしの2018年のsavepointにもあった

盤上の実験期というのは、おそらくこういうこととも繋がってくる。

 

 

いのちと星

 


ふたご座流星群を観た、空が広くみえる場所の近くの交差点に

年中咲く、繁殖力の高い西洋タンポポが

アスファルトの隙間に咲いていて。。🌼

 

こちらはお昼、信号待ちの時に撮った、そのタンポポの写真。

f:id:neotenyx:20171221234357j:plain

 

西洋タンポポは外来種で、問題視する人も多いけれど

全ての外来種は人間由来なんだよね。そうパートナーが答える。

人間の移動によってもたらされるもの。

人類発祥の地からの移動、そして近代、現代だと特に船や飛行機ね。

 

でも、人間自身も、地球にとっては外来種。

人類発祥の地、アフリカの一部の地域にとっては違うけれど

そこから世界中に広がっていった人類は、本当に外来種なんだ。

これだけ地球上を移動して覆いつくしたんだもんね。

だから、外来種のことを語るのであれば

自分自身のことも含めて感じて熟考することが大事なんじゃないかな。

そんなことを話していました。

 

このことはアニマンダラにも深く繋がってくるところだと思うので

今度ブログに書いてよーとお願いしてみた。書いてくれるかな。。笑

 


全ての生命は星と繋がっているからね。

 

星を神とすることは、多様性を神とすること。

それは動物神にも繋がります。

そして、それは自分の中にあるものであり

世界・他者が教えてくれることでもある。

つまり TOTEM のことだよ。

 

いのちのことを振り返ってみると、少しずつ心の深部が解れる。

罪とか罰とか、そういったことから解放される。

だって、いのちであることは罪ではないし、

もしそれを罪だと見做しても

生きていること、それ自体で赦しも内包している。

自分を解放してあげると、いのちが復活してくるよ。

  

人間は地球の癌だということは、あながち間違いじゃないとしても

そんなわたしたちも命の一部であり、いのち自身でもある。

ここでの挑戦は、なかなかのものだね。

 

でも内部の視力が高まるにつれ、思い出していける。

思い出していこう。

  


明日22日は土星の合が重なるレアな冬至の日だそうですが

皆さん、それぞれによき冬至の日をお過ごしくださいませ😊

YUKIでした ✨✨