ネオテニーランドへようこそ★

夢見の国ネオテニーランド。次なる世界を創っていこう ♪

StarGate:ワープと反転

 

 本日は、スターゲートシステムのワープと反転について。

 

昨日の投稿では説明していなかったので

本日のゲートを例に、すこし補足しますね 😊

 

f:id:neotenyx:20170912233114j:plain

f:id:neotenyx:20170912233052j:plain

iStarGate & 数字のメソッド スターゲートの解説(辻麻里子著)より



本日は108度の日。十芒星ゲートでした。

 

辻麻里子さんの『22を超えてゆけ』シリーズによると

108は、これまで人間が獲得している意識の数。

 

残りの凍った36の意識を解かして使えるようにして

本来の人類の意識の数、144の意識を取り戻すことが

わたしたち人類のミッションのひとつ。

 

それは、各自が自分自身を生きること、に尽きるのでしょうね。


この凍った人類の意識、ここのところ

雪解けしているように、、徐々に融けてきているようです❄️✨

 


ちなみに

わたしは3/12の Gate#36(十角形ゲート)好奇心が湧きあがる日 なので

本日のゲートをプラスすると、フィナーレの12月

12/12 Gate#144 (五芒星ゲート)感謝をささげる日へと繋がります⭐️


きのう少しご紹介した通り

neotenyland.hatenablog.com



近年、足して13となる月も人類が使えるようになったポイントで

 

わたしの場合、今月に続いて来月の12日も要チェック💡

足して13は次のステップなので、うまく使えるかどうかは別として。

 

 ・  ・  ・  ・  ・  ・

 

スターゲートシステムは、月と日の掛け算です。

アリスカルディアなどの数秘のシステムとは違うもの。

未来からやってきた『宇宙の暦』。


人類の歴史の中で、支配やコントロールに使われてきた

過去の、どのような暦とも違います。まっさらなもの。

だからこそ、この叡智を大々的に大衆コントロールに使う人がいるのが

とても嫌だったんですよね。。🕸

でも、そのようなスピ系爬虫類的な生き方も選択の一つ。そのひとの自由意志。


(この記事に書いた暴君Yさんなどのことです。)

neotenyland.hatenablog.com

 


と、まぁそれはさておき。

先程、スターゲートは月と日の掛け算だと書きました。

 


足し算は、一歩一歩進んでいく感覚。

掛け算は、ワープする感覚。

 


また、数字のメソッドの26ページにあるように

 

マイナス掛けるマイナスがプラスになるように

掛け算はゼロ地点を挟んで

次元を『反転』させる要素を内包している。

 

そして、のひとの意図と解釈、

ひとりひとりの選択にゆだねられている。

 


というところも大切なポイント…🍀


わたしは個人的に、スターゲートカレンダーの発表会の

2007年末から10年近くスターゲートを使っていく中で

宇宙図書館の学校の卒業の後も

様々な考察を重ね、記録をしたりシェアをしていったり

またアリスカルディアのように

単数変換の要素も含めて多角的に読み解いていって

新たな発見もあり、すこしずつではありますが、より深く

人生の羅針盤として活かせるようになってきました🐳



辻麻里子さんからバトンを受け取った生徒としても

スターゲートはわたしにとってとても大切なもので

これまで公私共に様々な場面で、これはというひとに

時折シェアをしてきましたが、リクエストもあったので

いまアリスカルディアのモニターセッションのなかでも

そのひとのスターゲートから読み解けることをお伝えしています🐥


少しずつ、ネオテニーランドでもご紹介できればと思います。


スターゲートシステムは、13の月の暦とも相性がいいですよ。

もっといえば、結構ダイレクトに関連している暦です。

アニマンダラの『己読み』に近いものを感じます。

きっとこれまでに触れた暦の中で

何よりスターゲートが好きな、YUKIでした☺️✨