ネオテニーランドへようこそ★

夢見の国ネオテニーランド。次なる世界を創っていこう ♪

福岡の思い出① 美女と野獣

 

6月5日(月)晴れ☀️


図書館に勤めるYUKIの妹KAORIの
お仕事がお休みの月曜日。
 
KAORIちゃんがやってきた😊
 
そこでYUKI母が、なんと
美女と野獣』を観たい、と可愛らしいことを言うので
母と妹とわたしと3人で観に行ってまいりました。
 

www.disney.co.jp

 
ファンタジー映画として、楽しめましたよ。

 

魔法で家財道具に変えられた
お城の召使いの皆さんのキャラクターが好きでした。
  
ちいさなお子さんがこういうのを観ると、
日常の風景が違って観えるかもしれませんね。
ファンタジー作品の良いところ☘️


まぁ、いろいろ、ね。。
トーリーやら表現やらキャスティングなどに
あまりつっこんもしょうがない作品でしょうから
それはさておき。
 
  

野獣のままのほうが、かっこよかった王子。。

f:id:neotenyx:20170609034723j:plain
 

モーションキャプチャや、最新の技術を駆使された
こともあり、野獣の心理描写が動きや表情で
じゅうぶんに表されていたこともあるのでしょうが
王子に戻った彼は、苦難を乗り越えて
一皮向けた演技ではなかったし、爽やかなのはまぁいいとしても
軽やかというより、中身が薄っぺらい感じに見えてしまいました。

野獣のときの、憂いを帯びた表情が印象的でした。
  

togetter.com

母や妹から誘われなかったら
きっと観にいかなかったであろう

美女と野獣でしたが
良くも悪くもディズニーらしい作品だなと思いました~。

続く。