ネオテニー・イン・ワンダーランド

♦️♣️夢見の国のアリス⭐︎ネオテニーランドYUKIです♠️♥️不思議を見つけるアリス活動中😊✨

ケルトの呼び声から

 

 気付けば久々の更新です。

 

 いや、実は今月に入ってすぐ

 とても伝えたい、書きたいなということが出てきて

 一気にボリュームのある記事を書き上げましたが

 公開も保存もする前に誤ってブラウザごと閉じてしまい

 幻の記事 となってしまいました。。^^;


 ハーブティーでも飲んで再度書こうと思ったものの

 ライブ感と裏付けと両方大切にして熱心に書いていただけに

 もうそこから再度書くのが難しくて、、断念。

 水星逆行あるある、でしょうか。苦笑

 もう水星は順行に戻っているようですが。

 こちらはまた別の内容の記事となります…☆


 

 ━  ━  ━  ━  ━  ━



 きのう、たまたま目に留まった記事が

 ケルト・アイルランドつながりのもので

 気付いたらTweet2つ、ReTweet2つの計4つが

 ダイレクトにアイルランド関連の内容でした🍀


 

 

 

 
 

 わたしはケルトのご縁があると時々言われてきましたが

 それは今わたしとして生きる魂の性質のようなもので

 たしかに好きだし落ち着く反面、馴染みがありすぎて

 実は、特別惹かれる!というものでもなかったりします。
 
  

 音楽に例えるならば

 BGMとしてはいいけれど、わざわざ積極的には聴かないジャンルとか。
 
  

 一昨日、ネオテニーランドで

 アリスカルディアのモニターセッションを受けてくれた

 パンクロック好きなMちゃんと話していて、彼女が言ったこと。

  

 『音楽を聴くのは、わたしがパンクロックに惹かれるのは、

  たぶんグラウンディングのためだと思う。』

 
  

 ああ、うん、それわかります。

 わたしにとって音楽を聴くということは、

 生きているということを感じるため(未知へ向かう)でもあり

 馴染みがありすぎるものは逆にスルーしちゃうことが多い。

  
  

 でも、きのうは特にケルトを意識していたわけでもないのに

 そんなふうに立て続けにキャッチしていったのは

 そのポイントからの報せなんだなと思いました。

 

 奥行きにおける、その領域からの特別な報せ。

 いま改めて、ルーツに立ち返ること、かな。

 いや、ルーツというとちょっと語弊があるね。

 自分のトーテムの中で

 今の意識・心情に似た領域で音が鳴っている感じ。

 現象としては共鳴に近いかな。

 特に縁あるものは、ここぞというときナチュラルに報せをくれる。

 

 

      f:id:neotenyx:20170906120456j:plain


 
  
 ケルトシンクロの合間に土偶のRTとかもしていますが…♪

 文明でみるとケルトの裏側・ケルト直前の文明が縄文ですね^^

  

 

  ━  ━  ━  ━  ━  ━



 トーテムの中の特に縁あるポイント

 そのわかりやすいイメージが、たとえば映画クラウドアトラス。

warnerbros.co.jp

 

 ちょっと8月の記事まで遡りますが

 なみさんのこの記事で書いてあるようなこと。
 

spaceopera13seed.hatenablog.com

 

 

 勝ちに行ったら内面化。

 記憶は途切れてしまい、盤上から抜けられない。
 
 

 記憶を思い出したら、死なない。

 死んでいなかったことに気付く。

 TOTEMを思い出せたら、菌の世界へと還ることができる。

  

 

 今は、そういう思い出すひとが多い時期なのだと思います。

 そのためのきっかけ、ヒント、ご縁が舞い降りてくる。

 世界が教えてくれるから、報せを見逃さないでいようね 🌸



  ━  ━  ━  ━  ━  ━


 

 最近、過去の情報整理のため昔使っていたメールアドレスにログインしていましたが
 沢山届くメールマガジンの中に、とある懐かしいお名前を発見。
 もう10年ほど前かな?まだお若い方ですが、ご縁がありお世話になった習い事の先生。

 海外でもご活躍されていたその方が、いま全国展開で
 大々的に創造の秘密を語るという趣旨の高額セミナーを始めた
 とのことで、その案内でした。え・・・まさかあの方が?
 全く!!そういうジャンルの方ではないはずでしたが。。


 メールマガジンを開いてみると、それは非常にわかりやすく盤上のもの。
 なんだろう、ありがちな情報商材系の定型文みたいな。。


 どちらかというと当時は品のある方という印象で
 そんな今更煽り系のことをなさるなんて思いもよらなかったし
 一時期真剣に取り組んでいたことの師でしたが
 わたしが教わっていた時代のこと、
その方が『苦労していた』という当時の経験を
 まるっきり否定するようなことも書かれていました。
 それも情報商材系のよくあるパターンなので
 あまり意味ないのかもしれませんが、過去を否定して『創造』って。。
 しかも結構マテリアル一辺倒の価値観で書かれていて、驚きました。


 でも同時に、なぜその方がそういった道へ進まれたのかも、ひしひしと感じたの。
 自分自身に対する抑圧が続けば、外骨格の誘惑が来たら
 言い方はちょっと悪いですが『ここぞとばかりに喜んで寝返る』パターンも多くて。
 そうなればもう、割り切ってしまわれる方が殆どのようです。
 何故かというと、観るべきものを観ないできたから。
 誘惑に乗り勢い余ってスピ系爬虫類道、なパターン。

 

 ああ、なんとこの方とも言葉が通じなくなったのか、、、と最初は少し
 誠に勝手ながら、束の間のセンチメンタルモードに入りましたが
 ひとりひとり、選んでいく道ですもの。そういうパターンもありますよね。

 

 

 参考記事 )

neotenyland.hatenablog.com

 


 もののケのしおりちゃんの言葉を借りて言えば
 盤上のものは、2番目の十字架の父に作られた価値観により
 コントロールされているものなので、踊らされているとも言えます。
 踊らされているひとに更に踊らされる多くの人たち。需要と供給。

 

 ある意味、盤上は蜘蛛の巣のようなものですからね🕸



 『ただし盤上でも、天秤に乗らなければ影響されないで済む⚖』


 言葉の表現は違いますが、しおりちゃんが言っている内容は
 ドン・ファンの伝えていることに近い世界観があるようです。


 

 話を戻して、、『創造の秘密』。。

 もし盤上のそれが創造というのなら、つまりは内面化なんだけどね。

 この先、繁栄の後に石化する道。。

 いま多くの人が『創造』という言葉を使われていますが

 たしかに、化石の創造には持ってこいです💡笑

 あくまで盤上の、創造。。 



  ━  ━  ━  ━  ━  ━

 

 何度も書きますが、とことん自分の内側を観て

 更に世の中の仕組み・盤上の運動も観て

 それに踊らされない自分の芯を育てながら生きていくこと。

 どこまでも内骨格を貫いていくこと。

 その意思の連なりの糸。奥行きの糸。意図。


 参考記事)

neotenyland.hatenablog.com

neotenyland.hatenablog.com




 TOTEMの中で、今まさに

 古代ケルトの領域とシンクロするわたしの意識が

 その情動記憶、その振動を増幅して届けてくれているようです🦄

 

 

 そのときの自分の心情・信条とシンクロするものが

 いわゆる前世や過去世と言われるようなものだと思います。

 

 ナミさんの、こちらの記事も是非お目通しください。
 

spaceopera13seed.hatenablog.com


 

 ひとはそれぞれ自分の人生を選んで生まれてきているので

 心情的にも、一生涯を通じて共通する

 そのひとの個性や特徴もあると思いますが

 途中で内面化して折れちゃうひともいる。

 それは向き合うことが苦しくて、自分では気付けなかった

 または気付かないふりをし続けた抑圧のせいで

 外骨格の誘惑に負けてしまうんですね。

 2番目の十字架の父の仕掛けた罠に引っ掛かり

 取り込まれてしまう。回収されてしまう。

 その仕掛けは実に巧妙です。

 
 

 誘惑に負ける内骨格意識、、内骨格系だけど、

 内骨格内、内骨格内、内骨格内、、外骨格、みたいな。笑

 

 参考記事 )

neotenyland.hatenablog.com


 
 
 一般的にわかりやすく、大きな括りで

 現代では、宗教なんかがそういう位置ですね。

 ちなみに、かつてのキリスト教は超勝ち組。ザ・外骨格。

  ※ 宗教批判ではありませんのであしからず。あくまで大枠で書いています。



 捩れたもの。拗らせ系。

 ストレートな外骨格(たとえば昆虫型意識)のように素直じゃない。

 最後の最後で神の権威(※権威は精神的な外骨格意識の代表)

 という外骨格的なものによって勝ちに転じて

 抑圧してきた意識をまるごと殻で覆ってしまったの。

  

 でもそのように、なかったことにしても、消えません。

 悪魔なるもの、たとえば動物意識の領域に

 見たくないものを押し付けても、消えません。


 

 拗らせ系。

 宗教の少し手前が、科学や哲学のようなものでしょうか。

 ※ 繰り返しますが批判ではありませんよ。

 
 

 内骨格内、外骨格意識。

 拗らせているのは内なる子供の意識。動物意識の領域。

 


  ━  ━  ━  ━  ━  ━

 

 

 世の中の潮流を見てみると

 これからどんどん、素粒子カルトともいえるような

 思想・団体が増えていき、それに乗る人も増えていきそうですが



 そこまで、、そこまで構造が見えているのに

 盤上を『固める』外骨格意識に

 回収されてしまうのは勿体無いなと思います。

 構造を明らかにしていくことで、

 思考停止にならずちゃんと考えたり、ものの見方が変わったり

 軌道修正のきっかけになることもあるでしょうけれど


 果たしてその視座は…?動機は…?目的は…?

 生命というところからスタートして観なければ

 解明することの先に、思い出すことがなければ

 2番目の十字架の父的まなざし

 盤上コントロールに飲み込まれてしまうんじゃないかな。


 

 これは、例えば生命系統樹にもあらわれていますが

 父を殺して次の王になろうとする息子の意識も

 結局のところ、その仕組みの中だからね。

 ここ、結構重要だと思うんだけど。どうかな。気付く人は気付くはず。。



 さて、ここまでを踏まえて

 あなたにとっての創造とは、どういうことだと思いますか?

 本日は魚座の満月🌕

 そういうことを丁寧に観ていくといいのかもしれませんね。

  
  

 盤上から抜けるには、内骨格の生き方を貫いていくこと。

 当たり前ですが、わたしたちは生物学的に歴とした内骨格です。

 だから、どんなに外骨格的意識にみえるひとも

 それは自我でしかないので、思い出していけば大丈夫。

 ひとつひとつ、気付いていくこと。

 その選択は自由だけど、抜けるチャンスがないひとなんていないはず。

 
 
 ただ、こればかりは個々の心情・信条、人生との向き合い方

 それこそ生きる姿勢の問題なので

 本人以外の誰かがどうこう言えることでもなくて。

 生き方は、ひとりひとりが、決めること🍀


 輪廻を超えることができるかどうか。。


 ここでまた、ナミさんのブログ記事を幾つかご紹介☺️

 ナミさんの文章は、いつ読んでも新たな角度で新鮮に入ってきます✨✨

 

ameblo.jp

ameblo.jp

 

spaceopera13seed.hatenablog.com

 


 わたしは今回ケルトの呼び声をキャッチしたところですが

 この記事を読んでくださっている方は

 いま目の前の世界から、どのような呼び声を感じているでしょうか? 


 それぞれに、サインがあると思います🌈

 アウマクアと繋がる、内なるTOTEMの声に、気付いてあげてくださいね。

  

 ネオテニーランドのウグイス嬢?🐥笑

 YUKIより、魚座の満月・場外アナウンスでした~😊✨