ネオテニーランドへようこそ★

夢見の国ネオテニーランド。次なる世界を創っていこう ♪

ソール・ライターのまなざし

 

続・フライデーナイト。
  

クライアントのWさんと駅前でお別れし

 

美容師であり、クリエイターでもある

はるちゃんのところで

halwatanave.wixsite.com


スッキリ爽やかにヘアカットしてきた

パートナーとBunkamuraで合流。

 

楽しみにしていたソール・ライター展へ行ってまいりました。
 

www.bunkamura.co.jp

 

こ れ が ...っっ!!!

素晴らしい内容で、とにかく観にいって良かったです。

ソール・ライターの世界、その眼差しに触れ

この世を生きていく上で、彼の生き方は

わたしの奥に在る宝物を呼び起こしてくれるようでした。

 

8年ほど前から少しずつ学んでいる

ヌーソロジーという新しい宇宙論・認識論があるのですが

ソール・ライターは

このヌーソロジーでいうところの『奥行き』のひと。

また、

新しい自然観・人間観を生命主義で展開していく

アニマンダラでいえば、とことん『内骨格』のひと。

 

といっても、この世界でのことなので

内面化した外骨格のひとの世界も

疑問は呈しながらも否定はせず

ご自身のペースで丁寧に世界を織り上げる、そんな生き方。

外骨格系の生き方には、きっと惹かれるものがなかったのね。

 

ただ、そこに見る、ある思いとリンクする風景や

内面化してしまっているひとには見出せない風景を

彼の眼差しで切り取ってくれた…🎞

その質が、とてもとてもわたしの好みだったの。

 

あの時代に、あの世界を表現できたって

本当に凄い。。技術もあってのお話だけど

技術があったって撮れるような作品ではない。

(カメラに詳しいパートナーも隣でしみじみ申しておりました。)

  

ソール・ライター。

このひとの眼差しが、わたしはとても好き!!

何度も、そう思いながら観ていました。

 

構図もね、、という言葉が似合うの。

眼差し』や『見立て』って、

そのひと固有の環世界を伝えてくれるもの。

 

わたしのパートナーも

そういうところを大切にする人ですが

たぶん、私自身も同じ。

これから『生きていくこと』の中で

それを少しずつ、表現していこう。

 

あまり書きすぎないようにしておきますが

ぜひ、会期中に足を運んでご覧になってください。

 

ちなみに、ソール・ライターの映画はこちら。
 

saulleiter-movie.com


DVDも、ありますよ。

 

一緒に観にいった彼も

とても気に入ったようで、会場で図録を購入していました。

All about Saul Leiter ソール・ライターのすべて 


図録になると

紙質も違えば色味や質感、陰影の出方も変わってくるので

印象は違うものの、ソール・ライターのまなざし

そのエッセンスが込められていていいなーと思いました。
 
こちらは、ベストセラーのEarly Color

f:id:neotenyx:20170612033437j:plain

 

 ↑ ↓  エントランス付近にて。

 

f:id:neotenyx:20170612033522j:plain

 

ソール・ライターは

実はわたしと同じゲートナンバーなのです。

Gate#36。彼は、スターゲートでは

既存のパターンをはずす日』に生まれていて

まさに、その人生を全うしたんだなぁ、、と感じました。

 

だってね、さらに旅立ちの日がGate#286

目的に向かって進みだす日』なんだもの。

このステージを存分にやりきって

きっと次のステージへ進んだのね。


ちなみにわたしもGate#36ですが

ソール・ライターとは月と日が逆で

好奇心が湧きあがる日』。

その性質は、同じゲートナンバー同士

通じるところはあるように思います。

同じゲートの別の表現パターン。

そういう意味でも、

呼び起こされるものがあったのかもしれませんね。 

 

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

また、ここからは余談と

次回以降の記事の予告的な内容になりますが

  

Bunkamuraの会場を出た時間が21時前くらい。

そして、ちょうどわたしは21時から

友人でもあるSpaceOpera主宰 Namiさん 

遠隔セッションを受けることになっていて。

実はその3日前にNamiさんから

対面セッションを受けていたわけですが

ひとつ気になっていたセッションがあり追加でお願いしていたの。
 

セッションでの気付きなどは別途、自分の中でまとめてから書きますね。


spaceopera.jimdo.com

 

そこで、 


ソール・ライター って、スペルは

Saul Leiter だけど、カタカナ読みは

Soul Writer と同じになるというのも

その日のわたしにはメッセージだなぁって。

 

その続きは、また別の記事にて。。🐳✨